名刺って必要? 今のビジネス時代を考える


みなさんこんにちは。



今日のタイトルはこれ。

名刺って必要あります?

ってことを綴っております。


今までのビジネスの常識に最近はてなマークを

思うことが多くなってきました。



今のビジネスのあり方について

考えることが多いです。





僕自身

美容師

飲食店経営

IT経営(アプリ運営)


と滅茶苦茶な経歴(一応繋がりはあります。笑)

なので当然ビジネスに対する考え方、

スタイルも徐々に変わりつつあります。



少し僕の経歴を書いたブログがありますので

よろしければご覧ください。

🔻こちらのURLをクリックすれば見れます。

https://www.bm-start.com/post/hitachi




アナログ人間の僕はめっちゃ人に会いまくって

会いまくって。


過去に3000人以上、アポイントをしております。



1ヶ月で300名以上の方と会った月もありました。

アナログで会いまくった結果そこそこ

仕事にも繋がりました。



例えばイベント開催。

会う人会う人にイベントのお誘いして

通算イベントでおそらく1000万以上

稼いでるかも。



大小合わせて200本以上は開催してますが。

最初始めた頃は美容師しながら3~5万くらいかな。

まぁ誰でも会いまくてったらある程度稼げます。



これに関しても別記事書きましょうか~。




さてさて話を戻しますが

人に会う機会が多いというところで、


「名刺交換」


みなさんしたことありますよね?




ビジネスでは常識だし

名刺交換の仕方なんてのも

マナーとしてあります。



ビジネス上必要不可欠な挨拶。

ですが、最近どうも

これに疑問を感じることが多くなってきました。




結論から言うと、

これ必要ある?

って思うんです。



いやいや必要でしょ!!!

当たり前でしょ!!!


って方がほとんどだと思います。



僕も以前までは名刺持ってないって・・・

って結構思っちゃうタイプの人間でした。



僕も実際持ってます。

2社あるんで2種類あります。

が。



最近はLINEのkeepに保存してそれを送ってます。


要するに、

データでよくない??


って話なんです。



みなさんなんとなく今まで

名刺交換は当たり前だからって

やっていたと思うんですがこれ以上に

不必要な非効率な作業ってないなって非常に思います。




名刺交換したあとみなさんどうされてますか?


・アプリに保存

・名刺ケースに綺麗に保管

・束にして置いておく


大体こんな感じですよね。



まずアプリに保存

紙媒体で交換して

それを読み取って

データとして保存する。



だったら元々データでよくない?!

名刺データを読み込んで

あとはアプリでお互い交換みたいな感じ。


今もあるのかな?

追々こんなのが普及していくんじゃないかと。



名刺交換→撮影→データ化して保存

じゃなくて

データで交換→そのまま保存

のが早いんで。


無駄な作業です。ほんと。

ただまだまだ名刺交換の文化は根強いんで

これからですね。




ペーパーレスの時代なんだしここも確実に変わると

思います。

資料→PDF

契約書→クラウドサイン

お金→キャッシュレス

他も色々ありますが実際紙媒体のものがどんどん

データ化してます。


そのほうが圧倒的に効率的ですから。



そんで

ファイルに入れて整理整頓するなんて

まんま無駄な作業です。

やってる方はすぐやめましょう。


これはバッサリ言います。

それするんだったらエイト(名刺管理アプリ)使った方が

断然いいです。



アプリ苦手だから・・・

完全に勉強不足なだけです。

名刺なんて大した情報は載っていません。



ネットで調べれば出てくる情報ばかり。

WebページやSNSなどほとんどの方がされています。


それならラインの名前を変えるとか

ラインのノートでメモしておくとかの方効率的です。



で、整理整頓しない方は束になって放置パターンが

ほとんどです。

エイトで保存した後もそうなるか。


だってほとんどの名刺が必要ないんですもん。



なんとなく名刺配りしてる人だっていますから。

意味のない交流会なんかでそんな制度とか、

ただただ配りまくってる人とかいますよね。


そんな名刺をもらったところで

この人誰?顔もわかりません。



何してる人?web製作って書いてるけど

強みは?特色は?

ってなります。


顔写真載せてても結局一緒です。

要するに

名刺に載せれる情報量なんて知れてるんです。


紙ペラ1枚、表裏だけ。

ぎっしり載せても大した情報じゃないし

見にくい。


結果そんなに意味のない紙を配ってる結果になります。




紙である必要性がなく

データでいいんじゃない?

って個人的な見解です。




データにすれば


持ち運ぶ必要もない

→在庫切れ、忘れたがなくなる


発注する必要がない

→時間、経費削減


たくさんの情報を載せれる

→それを送ればどんな会社でどんな人かがわかる


管理が楽になる

→データ検索で一括管理



先ほども言いましたが僕は

ラインで仕事関係のやりとりが多いです。


アポイントが組まれた段階で

定型文に各種SNS、webのリンク貼ってたり

画像で名刺データを飛ばすので

名刺を配る必要性がない

名刺を発注する手間。

経費がいらないんです。


めっちゃ楽だし便利です。

だから、近い将来

名刺交換っていう文化はなくなるんじゃないかと

推測してます。



勘の良い人はテレワークが普及して

Zoomが伸びてる段階でお気づきでしょう。


人に会わずに仕事ができる

=紙媒体の名刺不要ってなります。




メールなんかも僕が苦手ですね。

メールになると皆さんレスポンスが非常に

遅くなるし開封率がそもそもかなり悪い。


LINEでよくない?って思っちゃいます。

あとはラインなら

お疲れ様です!!

◯◯の件、進捗どうですか?!

とかなのに


メールは

お世話になります。

株式会社〇〇の・・・・

という文面が必ず付いてくる。



なんの違いですか?

完全に無駄だと思う。


メールは社内でルールが決まっており・・・

そのルール自体が古くて時代に取り残されています。


時代は常に変わっていく。

その変化についていくことが大事。



ルールがいつまでも変わらないってのは

おかしなことだと思いませんか?

創業以来これは変わってない!!!

良いルールならもちろんいいことですが

時代に合ってないルールならすぐ変えるべき。


無駄なこだわりは捨てましょう。

それだけで生産性を下げるなんて

もってのほかだと思います。



ま、あくまで個人的な見解です。

が、常識にとらわれすぎない

ようにしましょう。




常の時代の変化に付いていく。

これがやはり大事です。


5Gになればどでかい情報量がスイスイ流れ込んでくる

時代が加速します。



そしたら名刺みたいな情報量の少ないものの価値は

どんどん減ります。

ビジネス用にSNSアカウント作ってる方が

多分いろんな情報が知れます。


だから僕は名刺交換よりFBの友達申請したり、

インスタで繋がったり、LINE交換したりする方がいいし、

十分だって思っちゃってます。



キャッシュレスの時代。

データの時代です。


お金だってそうなってきたんですから。

環境はどんどん変わります。




時代の変化に付いていきましょう。

そうするには・・・

勉強あるのみ。笑


以上~~~!!!!

[名刺って必要?今のビジネス時代を考える]

でした!!!




ビジネスマッチングアプリSTART

~アプリで人脈を作る時代へ~

ダウンロードページ




※※※アプリ社長 YouTuberデビュー!!!※※※

チャンネルはこちら🔻



1.公式webページ

https://www.bm-start.com


2.アカウント作成方法

https://www.bm-start.com/post/___dl


3.STARTアプリ使い方。

https://www.bm-start.com/post/matching


4.マッチングのコツ

https://www.bm-start.com/post/_cots


5.プレミアム会員の違い

https://www.bm-start.com/post/premium


6.START公式 LINE

https://lin.ee/ff3vqak


7.代表取締役 荒木 insta

https://www.instagram.com


8.代表取締役 荒木 twitter

https://twitter.com/start_sei




#ビジネスマッチングアプリ

#スタート

#START

#2月9日

#リリース

#人脈#アプリ

できる時代へ。

#アップルストア

#appstore

#全国

#繋がる

#経営者

#フリーランス

#副業

#営業

#東京 #大阪 #札幌 #仙台

#福岡 #名古屋 #日本

#ビジネス

#起業 #経営

#挑戦

#価値

#ビジネスマッチング

 

090930332324

©2020 by Business Matching START。Wix.com で作成されました。