• 野村 周平

この危機的状況を生き残るには...

コロナショックにより

職を失ってしまう人は

今後も多く出てきます。


大手企業に属しているから安心

という考えも古くなっており


あの三菱東京UFJ銀行での

大規模な人員削減のニュースは世間を驚かせ


「大企業」=「安心」


というイメージはもう古くなっています。


一方...


コロナの危機的状況の中

売り上げを伸ばしている企業もあります。


運送業全般や配達で有名な

Ubereats、出前館などなど。


今回の記事では

企業ではなく個人に着目して

コロナのような状況下で

生き残るために必要なことを

テーマに記事を作成いたしました。



① どんな人が職を失うのか


答えはシンプルで

請負仕事をしている人です。


会社員だってそう。

社長が会社を作り

事業を考え進めていく。


社員は会社が作ったレールの上を走り

会社から請け負った仕事をこなし

その対価としてお給料をもらうわけです。


コロナショックでは

請け負う仕事の多くが影響を受けました。

飲食を例に出すならば


お客さんが来なくなり

料理を出す仕事を請け負っていた人は

仕事がなくなります。


そうなると会社としては

お給料を払うことができず

雇用を止めるか休業を余儀なくされます。



② どんな人が生き残るのか


こちらもシンプルで

新しいものを作り出せる人です。


「もの」=「事業や収入」と

読み替えれば分かりやすいと思います。


請負仕事をするばかりではなく


自分で今何をすれば

収益が上がるのか


これを考え、実行できる人が生き残っています。


例を出すと、飲食業にはなりますが

コロナによる外出自粛により

売り上げは激減しました。


なぜお客様は来ないのか。

自粛要請されているからではありますが


簡単にいうと、コロナになりたくないからです。

そこを逆手にとって


徹底的に衛生面対策を行い

それを前面に押し出し

アピールした店舗では

お客さんが入っていた


という記事を読んだことがあります。


この経営者さんは


今自分に何ができるかを考え知恵を絞り

他より早く行動に移した


ただそれだけです。

本質は非常にシンプルです。



この大変な状況かをどう生き抜くか

これを常日頃から考えています。


ただ私自身の頭では

何をすべきかすぐに思いつきません。


ただでも諦めてはいません


考えることをやめてしまうと

そこからは落ちる一方ですので

なんとしても現状に対して

足掻く必要があるのです。


コロナにより起こった今の現状を

すぐに打開するのは正直無理です。


でも先を見据えて

地道にできることを

行動に移し続ける。

今はそれに尽きるのではないかと思います。

言葉にするだけなら簡単だと思います。

実際気持ち的にも

どうしてもしんどくなる時期もあります。


でも前を向くしかない。


もっと自分なりに足掻いてみようと思いました。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!




1.公式webページ

https://www.bm-start.com

2.アカウント作成方法

https://www.bm-start.com/post/___dl

3.STARTアプリ使い方。

https://www.bm-start.com/post/matching

4.マッチングのコツ

https://www.bm-start.com/post/_cots

5.プレミアム会員の違い

https://www.bm-start.com/post/premium

6.START公式 LINE

https://lin.ee/ff3vqak

7.取締役 野村 insta

https://www.instagram.com/shuhei.foodstagram/

#ビジネスマッチングアプリ

#スタート

#START

#2月9日

#リリース

#人脈#アプリ

できる時代へ。

#アップルストア

#appstore

#全国

#繋がる

#経営者

#フリーランス

#副業

#営業

#東京 #大阪 #札幌 #仙台

#福岡 #名古屋 #日本

#ビジネス

#起業 #経営

#挑戦

#価値

#ビジネスマッチング


 

090930332324

©2020 by Business Matching START。Wix.com で作成されました。