• 野村 周平

できる人ほど悩む「コロナ疲れ」

新型コロナウイルス禍により

多くの企業で在宅勤務、いわゆる「テレワーク」を

継続することが決まってきています。


その中で、テレワークに対する評価の変化が生じています。

最初はテレワークの利点ばかりを強調する

「テレワーク万歳」の声が多かったように思いますが


テレワークが長引くにつれて

問題点なども浮かび上がってきました。


メリットは今まで何度か記事にしてきましたが

今回は浮かび上がった問題点について触れてみます。



◯ 意外としんどい一面も


最大の原因として考えられていることは

テレワークになると


誰がどのぐらい仕事を抱えているのかという

状況が見えにくくなるということです。


結果、ほかに手が空いている人もいるのに

特定の人にキャパ以上の仕事を振ってしまいがちです。


仕事を振られた側も、ほかの人の状況がわからないため

「できません」とか「あの人に振ってください」とも言えません。


しかも、たいていそういう人は「できる人」なので

なんとか追加の仕事もこなしてしまうため

管理側も負荷の増大に気づきにくい。


それでキャパオーバーしてしまう可能性があるのです。


また、場に応じてそれぞれが柔軟に役割を変える

チーププレイで成長してきた

日本企業の働き方にも由来するのですが


「仕事の役割が曖昧であること」も

負荷を増やしています。


リアルなオフィスでは「そこまではしなくていい」と

制止してくれるマネジャーがいるのですが

テレワークには存在しません。


「やらなくてはいけないこと」は限られますが

「やったほうがいいこと」は際限なく

あるため負荷が増大するのです。


さらに、テレワークには仕事の負荷が

どんどん増えていくことを

制限してくれるものがありません。


リモートワークにより通勤時間など無駄が削減され

自分の時間が増えるというメリットがある反面

仕事がプライベートを侵食してしまうという

問題点が隠れていることがわかります。


テレワーク初期には

「社員がサボるのでは」ということが問題視されましたが

本当の問題はどうやら「働きすぎるのでは」

ということだったのではないでしょうか。



◯ 部下への「大丈夫か?」はNGワード


このようにテレワークだと仕事の負荷がどんどん増え

しかも業務量の平準化も行われないことで

「できる人」がつぶれてしまう可能性があります。


それを避けるには、各メンバーの仕事負荷を可視化し

適宜、仕事を振り直す機会を持たなければいけません。


ただし、それを今まで以上に精緻にする必要もあります。


「大丈夫か?」と声をかけるだけだと


「できる人」ほど「大丈夫です」と

言うに決まっていますのでその言葉は禁句です。


どんな状態で、どんな仕事を抱えているのかを

具体的なレベルで把握し大丈夫かどうかは

管理職が判断しなければいけません。


また、負荷の可視化の範囲を

テレワークの際にはプライベートまで

広げる必要もあるかもしれません。


先に述べたように今は、急に

「ワークライフバランス」から

「ワークライフミックス」になってしまい

オンとオフの切り分けができずに混乱している状況です。


仕事以外のプライベートな領域については

あまり深く探らないのが暗黙の了解でしたが


今はむしろそういうプライベートな事情を含めて

配慮してあげる必要があるのではないでしょうか。


◯ 結果主義だけでは足りない


プライベートな背景を理由にして

仕事に対してどうこう言うのは

これまでの「できる人」にはやりにくいことです。


だから、管理側はそういった「個人の事情」を

言いやすい雰囲気を作らなくてはなりません。


自分から「個人の事情」をどんどん伝えていくことも大事です。

管理側が率先してプライベート情報を開示することで


「そういうことを言ってもいいのだ」

「それを理由に何かを要請してもいいのだ」と

わかってもらうことが部下の負担を和らげます。


「テレワークになったから結果主義」というのは

あまりに雑な対応です。


今だからこそ、「できる」メンバーがつぶれないように

その人の生活まで視野に入れて

ケアをしてあげなければならないのです。


本日は仕事ができる人ほど感じる

「コロナ疲れ」をテーマに記事を書きました!

読んでくださった方の何か一つでも

気付きになれば嬉しいです!



1.公式webページ

https://www.bm-start.com

2.アカウント作成方法

https://www.bm-start.com/post/___dl

3.STARTアプリ使い方。

https://www.bm-start.com/post/matching

4.マッチングのコツ

https://www.bm-start.com/post/_cots

5.プレミアム会員の違い

https://www.bm-start.com/post/premium

6.START公式 LINE

https://lin.ee/ff3vqak

7.取締役 野村 insta

https://www.instagram.com/shuhei.foodstagram/

#ビジネスマッチングアプリ

#スタート

#START

#2月9日

#リリース

#人脈#アプリ

できる時代へ。

#アップルストア

#appstore

#全国

#繋がる

#経営者

#フリーランス

#副業

#営業

#東京 #大阪 #札幌 #仙台

#福岡 #名古屋 #日本

#ビジネス

#起業 #経営

#挑戦

#価値

#ビジネスマッチング

 

090930332324

©2020 by Business Matching START。Wix.com で作成されました。